スタイルで選ぶ英会話スクール〜グループ?単独?通信?〜

講師の種類

一般的に英会話教室の講師には、ネイティブスピーカーの講師、ノンネイティブの外国人講師、日本人講師がいます。
一概にどのような先生が良いのかは言うことはできませんが、重要になってくるのが、英会話講師としての経験とスキルだといえるでしょう。
よく安い英会話教室であるのが、外国人というだけで講師の経験がまったくない人を講師として採用しているというものです。
来日したばかりの素人外国人相手に、英会話の練習をすると割り切っている場合には、それでも良いかもしれませんが、しっかり基礎から英会話を学びたいと思っている場合には、それでは不十分だといえるかもしれません。
しかし注意しなければいけないのが、ノンネイティブの外国人です。
国によって表現が異なったり訛りがある場合には、その英会話教室で間違ったものを学んでしまって、後で恥をかいてしまったり、外国人に通じなくて困ったというケースもあります。
しっかりとした英会話教室であれば、カリキュラムがしっかりしていますので、スタンダードな英語を教えてくれます。
それで英会話教室を選ぶさいには、講師の経歴やスキル、レベルについてもしっかりと確認してから決めるのが重要になるといえるでしょう。
また英会話教室を選ぶさいには、なんとなく外国人講師のほうが良いような気がするかもしれませんが、日本人講師のクラスならではのメリットというものもあります。
例えば日本人講師は日本語を理解することができますので、分からない点があった際には聞くことができるようになっています。
たしかにそのことに甘えてしまって、日本語で説明ばかりされてしまうというのも問題ですが、全くわからないまま進んでしまうことに比べれば、まだ良いといえるでしょう。
また多くの日本人講師は、実際に海外に行ったことがある方がほとんどですので、これから出張や留学で外国に行こうとしているような場合、日本人講師からは英語以外にも様々なアドバイスなどを聞くことができるというのもメリットでしょう。
さらに同じ日本人ということで、日本人が難しいと思う点や、理解が困難な点など、英語学習において起こりがちな障害を良く理解できるというのはメリットになっています。
それで日本人だからということで避けたり、外国人だからといって即決してしまうのではなく、体験レッスンなどに参加してみて、実際の講師のレベルや教え方がどうなのかをチェックしてから英会話教室を決めると良いでしょう。
Copyright (C)2017スタイルで選ぶ英会話スクール〜グループ?単独?通信?〜.All rights reserved.